1. Home
  2. グループウェアとワークフロー 製品比較のポイント

グループウェアワークフロー 製品比較のポイント

1. 基本機能の違いは詳細と連携

最新のグループウェア製品であれば基本機能は同様に装備されています。 異なるのは機能詳細と連携動作です。 次の三つのフェーズを通して自社に適用可能かを評価します。

■自社で必要な基本機能を確認

カタログ、製品専用サイトから、運用に最低限必要な基本機能が製品にあるかどうか確認します。

■評価版によって連携動作を確認

前フェーズで調査した製品専用サイトから評価版を入手します。
その評価版を実際に操作して、カタログベースでは分からなかった機能の連携動作を確認、評価します。

■製品説明とデモンストレーション

前フェーズで理解できなかった疑問点と自社への具体的な適用が可能かをベンダの担当営業に確認します。

2. 自社手続き処理に適用できるワークフロー機能を選択

グループウェア機能で大きなウエイトをしめる機能にワークフローがあります。
グループウェア導入・検討において最も難しく、重要なのがワークフローの選択です。

グループウェア初期導入時にワークフロー機能も考慮

ワークフローは機能として独立しているため、別システムとして導入可能です。
しかし、組織変更を含めた運用・管理を考えるとマスタ関連ファイル(社員マスタ等)は 一元管理したほうが運用が容易です。従って、グループウェア初期導入時にワークフローも含めた製品選びをする必要があります。

■導入するワークフロー製品は自社の手続処理として利用可能かを確認

基本機能とは違い、ワークフローは製品によって考え方が大きく違います。
導入するワークフロー製品が自社の手続処理に適用できるか確認しておく必要があります。
あわない場合、追加費用も含めてどのような対応が可能かを確認しましょう。

■組織変更などに柔軟に対応できるかを確認

手続き処理は一度確定しても組織変更などにより変化していきます。
ワークフロー製品が自社手続処理の変化にどこまで対応できるかを確認してください。

3. システムの拡張性が高い製品を選択

グループウェア導入後、運用が進むにつれて導入前までは分からなかった顧客情報や社員情報、申請情報がデータとして蓄積されていきます。この蓄積データを活用できる拡張性を備えた製品を選択します。

■連携機能

モバイル連携
基幹システム連携

■評価版によって連携動作を確認

Webメール
全文検索
ナレッジ
SFA(営業支援)
CRM(顧客管理)

■製品説明とデモンストレーション

システムの拡張性を保証するには、開発言語、対応OS・DB等、関連するあらゆる環境に
対応している必要があります。
開発言語 :Java,XML
対応OS  :Windows,UNIX,Linux
対応DB  :Oracle,SQL*Server,Access,PostgreSQL(フリーソフト)

グループウェア について







pagetop