1. Home
  2. グループウェア機能について

グループウェア機能について

グループウェアとは複数の利用者がネットワークとコンピュータを利用して オフィス内の情報を公開、共有、活用するソフトウェアです。 ここではグループウェアの機能について紹介します。
※機能によっては製品によりオプションとなる場合があります。

ポータル(Portal) グループウェアの入口となるWebページ。
個人の必要な情報を集約、表示。
掲示板 グループウェア利用者全員に連絡・通達文章を掲示。
製品によっては掲載期間や掲載部署を制限することが可能。
ライブラリ 社内のドキュメントや文書フォーマットを共有化し、一元管理。
電子会議 時間と場所を問わず、社内のいろいろな人と意見交換の場です。
スケジュール 個人・グループのスケジュールの登録と閲覧が可能。
他ユーザも閲覧できるので、全ユーザのスケジュールの把握ができます。
行先掲示 部署ごとに設置された行先を書いたホワイトボードにかわるもの。
スケジュールで入力された現時点での情報(行先、帰社時間等)を 部署単位で表示。
伝言 不在時の電話のことづてや、簡単な用件を伝えたい時に使います。
名刺管理 もらった名刺の情報を登録、活用。
アドレス帳 グループウェア利用者の役職、部署、内線番号、E-Mailアドレスなどを 登録、検索、参照。
施設予約 会議室、プロジェクタ、社有車など、共有施設・備品などの予約状況の確認と予約。
イベント ビジネスやプライベートのイベント(行事)の登録・閲覧。
ToDo グループウェア利用者の作業項目、納期を登録。進捗状況を管理、アラート表示で作業遅延を防止。
回覧板 グループ内に知らせたい文書を回覧。 メールと違い、誰が閲覧したか分かります。
モバイル グループウェアの基本機能をモバイル端末から利用可能。
場所や時間にとらわれない運用を実現。
ワークフロー 企業内の一連の届出処理、事務フローを電子化し、 業務プロセスの効率化や自動化を実現
基幹システム連携 会計・就業などの基幹システムと連携し、グループウェア上の手続処理データをシステム間でシームレスに扱えます。
Webメール グループウェア上でメールの送受信・閲覧が可能。
メールソフトが不要で、共有PCから個々のメールアドレスを使用できます。
全文検索 混在する大量の資料やドキュメントから 必要な情報を捜し出します。
ナレッジ 個々の事例、ノウハウなどのドキュメントやテキストデータをデータベース等に 蓄積。組織全体で共有、適用、応用することにより、 生産性向上、意思決定スピードの向上、業務改善を実現。
SFA:営業支援
CRM:顧客管理
担当営業が営業日報を作成し、日報は各種データベースに蓄積。
蓄積されたデータベースから顧客情報、商談案件情報、受注実績を 管理・分析することにより、営業戦略の立案、商談管理を可能に。

グループウェアワークフロー 製品比較のポイント







pagetop